宮城県・大崎市の渡り鳥と共生する環境の町「田尻」の町づくりを応援する企業

ふゆみずたんぼ米販売

トップ

ふゆみずたんぼ米

平成28年産米を販売開始しました!

テレビ・新聞で話題「ふゆみずたんぼ米」

「ふゆみずたんぼ」とは渡り鳥や田んぼの生き物の為に、冬の間田んぼに水を溜めておく農法です。

渡り鳥と農業の共生を表したラベル

田尻はマガン(国の天然記念物)の日本最大の越冬地

国の天然記念物に指定されているマガンは、日本全国に10万羽がわたってきます。
その内、実に6割以上が田尻町の蕪栗沼で冬をすごします。(2005年1月現在 宮城県調べ)
渡り鳥が集まりすぎると、鳥の間で伝染病が流行したり、沼の水が汚れたりします。
冬の間使っていない田んぼに水を張ることで、新しいねぐらを作りそれを防ごうと活動が「ふゆみずたんぼ」です。
「ふゆみずたんぼ」は当初、渡り鳥による蕪栗沼の集中越冬を防ぎ、ねぐらを分散させることが目的でした。

田んぼで餌をかいつまむマガン

活動を続けて来た過程で、「ふゆみずたんぼ」には他にも良い効果があると判明してきました。
日中は白鳥が休み場として利用します。水があると渡り鳥が生活(えさを食べたり羽づくろい)するのに便利なのです。
また鳥類の糞にはリン酸を多く含んでおり、田んぼの良質な肥料となります。
また、鳥が雑草を食べる事で除草剤を使用しなくても良いことが分かりました。
害鳥と言われ続けた渡り鳥と、人間が知恵を使うことで共生が可能になった「ふゆみずたんぼ」のお米を、どうぞお試しください。

価格表(消費税込)  

1kg2kg5kg10kg
白米600円1,150円2,800円5,500円
玄米560円1,050円2,600円5,200円

※お支払いは代金引換とさせていただきます。

送料(消費税込)

地域北海道東北関東信越北陸中部関西中国
料金1,134円810円864円918円1,080円1,296円

※25kg/箱までの金額となります。
※上記金額の他に代金引換手数料がかかります。
 1万円未満324円
 1万円以上432円

発送日は精米の都合で一週間以内となります。
何卒ご了承ください。
※発送日は祝祭日の関係で若干変更する場合があります。
※ふゆみずたんぼ米は在庫量が少ないため、売り切れました際はご容赦ください。

問合せについては「こちら」

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional